東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

広島市安芸区に支援物資をお届けしました

 

平成30年7月17日、一般社団法人SAVE IWATEでは、平成30年7月豪雨の被害に遭った広島市安芸区の社会福祉協議会に支援物資を搬送して参りました。
支援物資の内容は一輪車やスコップ、高圧洗浄機に洗濯機など、浸水家屋の泥だし、洗浄に役立つ道具一式です。岩泉町社会福祉協議会からご提供いただいたものをお預かりし、2トントラックに満載してお届けしました。
岩泉社協が平成28年の台風10号被害の際に用いて、以来備蓄していた道具一式を、今回の豪雨災害で被災した地域に役立てて欲しいとのことでご提供いただきました。

広島市社会福祉協議会にはいわてNPO災害支援ネットワーク“INDS”所属団体の遠野まごころネットが連絡員を派遣していて、広島市内のニーズ調整を行い、広島市安芸区へとマッチングしました。
安芸区は、広島市内で最も被害が甚大だった地区です。全壊家屋が66棟、半壊が88棟、一部損壊が22棟、床上浸水が388棟、床下浸水が439棟、合計で1,003棟が被害を受けました。これは広島市内の総被害家屋数1,849棟の、実に54%に達します。広島市の東側に位置し、山際の住宅地を多く含む地区です。
https://goo.gl/maps/eFtuQkC47wK2

ボランティアセンターは安芸区社協本部に加えて、矢野、畑賀、中野、瀬野の4つのサテライトがあり、区内に点在する被災地域をカバーしています。SAVE IWATEのトラックは社協本部に入り、まとめて支援物資をお渡ししました。サテライトはどこも道の狭い地域にあり、2トントラックで乗り入れることは難しいとのことでした。

翌日18日、我々スタッフは被災地域の一つ、矢野東地区を視察しました。
https://goo.gl/maps/A4D1N7EEhk92
広島市市街地の東端に位置しており、山の斜面に住宅が密集している町です。宮下川と矢野川という小河川に挟まれていて、この2つの川の氾濫によって甚大な被害を受けました。豪雨から12日たったこの日でも、いまだに流木が川の流れをせき止めており、道路にあふれ出ているところがありました。警察官の2人が行方不明のままで、捜索も続けられていた状況です。
矢野東地区は広島市中心部からは山に隔てられていて、原爆の爆風被害を免れた場所です。戦前からのものであろう、古いたたずまいの民家が何軒もこの水害で被害を受けてしまいました。

現場を回り終えて衝撃を受けたのが、斜面を下りきった神社に安置されている「水害之碑」の存在です。明治40年(1907)に起きた、同地区(旧矢野村)での水害を記録した石碑で、死者64名、負傷者62名、家屋流失152棟と被害の全容が書かれています。約100年前に同じ場所で大きな水害が起きていたことを知り、まさに災害は忘れたころにやって来る、予想外に長いスパンで繰り返されるものなのだと思い知らされました。

IMG_0501
支援物資をご提供いただいた岩泉町社会福祉協議会の皆様、活動支援金を募金して下さった皆様、誠にありがとうございます。SAVE IWATE並びにINDSでは、今後も平成30年7月豪雨の被災地支援を行ってまいります。

平成30年7月豪雨(西日本を中心とした記録的な豪雨災害)への支援

◎SAVE IWATEでは、「いわてNPO災害支援ネットワーク」の一員として、西日本豪雨の被災地への支援活動を開始しました。

今週始めには、まごころネット等で活動している井上恵太さんが先遣隊として現地に入りました。

https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/7/12/18217

SAVE IWATE では、7月13日(金)、台風10号で甚大な被害を受けた岩泉町から、備蓄している資機材(高圧洗浄器・スコップ・運搬用一輪車・タオルなど)を2t車一杯預かりました。

16日(月)にはSAVE IWATEスタッフ3名がこの2t車で広島・岡山方面に向かい、現地の井上さんと連携して、必要な地域に届けます。

現地の状況は報告が届き次第、掲載致します。

 

◎同時に、この活動に対する支援金の募集を開始致します。

支援金はINDSの支援活動に使わせていただきます。

支援金の使途は、追って当ページとSAVE IWATEのメーリングリストにてお知らせいたします。

■ 振込口座

岩手銀行 盛岡市役所出張所

店番号 : 085

種別 : 普通

口座番号 : 2023805

口座名 :一般社団法人 SAVE IWATE 代表理事 寺井良夫 (イッパンシャダンホウジン セーブイワテ)

*募金箱は、もりおか復興支援センター・もりおか町家物語館「時空の商店街」に設置しています。

*暫定募集期間:2018年7月13日〜9月30日

—————————————————

【いわてNPO災害支援ネットワーク】(略称:INDS=インディス)

2016年8月に岩手県を直撃した台風10号被害をきっかけとして結成された、被災地支援ネットワークです。

構成団体(いわて連携復興センター・遠野まごころネット・いわてNPOフォーラム21・いわてGINGA-NET)

https://www.facebook.com/IDRNPONW/

—————————————————-

2018年2月6日発生【台湾地震】被災地支援のための活動支援金を現地団体にお届けしました

SAVE IWATEでは2018年2月に発生した【台湾地震】被災地支援のための活動支援金を募集いたしました。皆様よりお預かりしました募金を、5月29日に現地慈善事業団体【財団法人 中華民国仏教慈済慈善事業基金会】へとお渡しいたしましたことをご報告いたします。

【財団法人 中華民国仏教慈済慈善事業基金会】は東日本大震災において、総額501,642万円の義捐金を戸別配布していただいた団体です。

団体HP http://tw.tzuchi.org/jp/

日本円で311,929円をお渡しいたしました。

皆様からの募金の内訳は下記の通りです。

東家での募金  79,906円

久慈・宮古・釜石・大船渡の商工会議所女性会 19,740円 (盛岡市商工会議所女性会経由)

SAVE IWATEでの募金 212,283円
————————
総合計 311,929円

皆様のご協力に厚く御礼申し上げます。

SAVE IWATE物産展

SAVE IWATEで取り組んできました手仕事の商品を一堂に集めた展示販売会を東京で行います。ぜひとも多くの皆様にお越しいただければと思います。

2018年 3/22(木)9:00~14:00
文化シヤッターBXホール
(東京都文京区西片1丁目17‐3 BXビル)

3/23(金)11:30~19:30
東京駅行幸地下通路
丸の内行幸マルシェ×青空市場に出店


昨年の九州北部豪雨の際、SAVE IWATEでは緊急募金を行いましたが、遠方と言うこともあり現地へ入ることはかないませんでした。現地で泥と汗にまみれて活動してきた方々には頭が下がる思いです。
発災後から支援を続け、いま、被災者の生活再建を支援している団体「YNF」が全国の支援を改めて必要としています。仮設住宅、公的借り上げ賃貸住宅、被災した自宅という生活環境によって支援の厚さにばらつきが生じました。いわゆる「支援格差」を埋めるため、YNFは活動資金をクラウドファンディングによって募っています。
「支援格差」や「安定期」を巡る支援の重要性は東日本大震災被災者支援を続けている弊団体でも実感してるところでもあります。YNFから情報拡散の依頼を受けた際、まったく他人事ではないと感じました。ぜひとも、皆様のご支援、弊団体からもお願い申し上げます。

クラウドファンディングサイト https://readyfor.jp/projects/ynf

YFN公式サイト https://ynf-asakura.jimdo.com/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。