東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

月別アーカイブ: 7月 2019

鉈屋町界隈の手仕事展

7月12日(金)からの3連休、 鉈屋町界隈の手仕事展を開催します。
場所はSAVE IWATEが8年前に活動を始めた鉈屋町の番屋の向かいにあった元の岩手川が生まれ変わった観光施設「もりおか町家物語館」です。そのなかの白い大きな酒蔵を改修した大正蔵の2階が会場になります。1階はSAVE IWATEが運営している物産販売所。
被災者の方々が手作りしたくるみかごや羅針盤チームが作った着物リメークの洋服などがならびます。くるみかごは実演がありますし、ミニかごづくりのワークショップもあります。
ぜひいらしていただければと思います。

24時間テレビチャリティー委員会からのご支援

このたび、24時間テレビチャリティー委員会から、復興支援のためのパソコン類一式をご寄付いただきました。

令和元年7月10日(水)に贈呈式が行われ、テレビ岩手取締役の畑山篤様からSAVE IWATE理事長の寺井良夫へ目録が手渡されました。

今回ご寄付いただいたのはデスクトップパソコン6台、ファイルサーバー1台、ハードディスク2台です。SAVE IWATEで運営している、もりおか復興支援センターに設置され、盛岡在住の東日本大震災被災者の皆様の生活支援にかかわる情報管理などに活用されます。

24時間テレビチャリティー委員会の皆様、そして24時間テレビを通じて復興支援のため募金していただいた皆様、誠にありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。