東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

北海道活動報告③

SAVE IWATE 理事長 寺井良夫

昼食で立ち寄った安平の食堂のおばちゃんの話では、やはり店舗や住まいの中がめちゃくちゃになったと言っていました。
高齢者世帯などではまだまだ片付いていないところが多い。ボランティアについては、家の中を見られたくないという気持ちの人もいるだろうから、頼みたくても頼めない人もいるだろうと言うことです。

厚真のボランティアセンターで話をうかがいました。
安平のボラセンほどの忙しさという感じではありませんでした。
ボランティアの作業は基本的に住宅のなかの片づけ、壊れた家財の運び出しというところです。
壊れたものを段ボール箱に入れて運び出しているということでしたので、阿部君が土嚢袋を使うのが良いですよとアドバイスしたらとてもありがたがっていました。

苫小牧の業務スーパーをのぞきました。やはり牛乳はありません。若干は入荷したようですが、1家族1本までの制限になっていましたがすぐに売り切れたようです。あれば買ってルーラルビレッジに届けたかったのですが、ダメでした。

きょうの現地調査はここまで。
ホテルにチェックインしたところで、これから夜の会議に行きます。

北海道活動報告③」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:『北海道胆振東部地震』支援活動 | 東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。