東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

北海道活動報告②

SAVE IWATE 理事長 寺井良夫

安平にいます。
おいわけ子ども園に、物資を届けました。フードバンクいわてから米、麺、飲み物、SAVEIWATEからのソーセージ、飲み物、お菓子です。たいへん喜んでくださいました。

安平のボラセンの方に話をうかがいました。てんてこ舞いしていて、炊出しされたそばを立ち食いしながら、立ち話で対応してくれました。
物資とか、ボランティアとかを岩手から支援してもらうまでもないが、ボラセン運営のサポートであればぜひほしいということでした。できれば1~2週間連続で、最長10月末までです。
ボランティアの作業としては住宅のなかの片づけが大半です。お年寄りでなかなか片づけができないというところが対象になるのだと思います。

安平の避難所2カ所では、物資は足りているということです。
困っているのは洗濯ということでした。
自衛隊が風呂のサービスをしていて、洗濯機も15日には用意するということでした。

コンビニ、スーパーに行くと、やはり商品は少ないですが、ある程度はそろっています。
牛乳は一部の店に少しありました。セブンイレブン、スーパーには牛乳ゼロでした。

北海道活動報告②」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:『北海道胆振東部地震』支援活動 | 東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。