東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

岩泉町 台風被害現状報告

東日本大震災の際にSAVE IWATEにボランティアで入られた東京の小俣和穂さんが、この度の台風10号で大きな被害を受けた岩泉町に入り、泥出し、清掃等の活動されてきました。小俣さんが活動の合間に撮られた写真で、最新の岩泉町の現状をお知らせ致します。

道路の損壊部分は未だに仮補修のところが多く、危険な状況です。泥出しは多くのボランティアによって進められていますが、まだまだ終了にはほど遠い状況。寒くなる前に終了し、冬を迎えるためには、まだ多くの手助けを必要としています。

img_4863 img_4849 img_4853 img_4895 img_4834 img_4851 img_4860 img_4836

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。