東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

物資・食糧支援終了のお知らせとお礼

 

日頃よりSAVE IWATEの活動にご支援いただき、ありがとうございます。

皆様の支援に支えられ、東日本大震災から約半年後に始めた、盛岡市および近隣市町村に避難されている被災者で生活に困窮されている方々への食糧や生活用品の支援活動を、2016年3月末をもって終了することをご報告させて頂きます。

皆様からお預かりした支援物資は、震災で失業・廃業を余儀なくされた方、心身の疾患のために就労が困難な方、母子家庭で生活困難な方、低年金で収入の少ない方などにお渡ししてきました。

このような支援によって、失業状態を脱し新たに仕事に就いた方、子どもが卒業・就職でき、家計を支えられるようになった母子家庭、自宅や事業の再建に踏み切ることができた方など、多くの被災者の方が生活再建への歩みを始めることができました。

これもひとえに、被災者に心を寄せ、支援を続けてくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

このたび物資・食糧支援を終了することにしたのは、震災から5年を経て、支援活動が被災者の自立をサポートする段階に入ったからです。また、生活困窮者に無償で食の提供を行うフードバンク『NPO法人 フードバンク』(http://foodbankiwate.web.fc2.com/)(詳細はリンク先を参照)が、盛岡市を中心に岩手県でも活動を始めたことも大きな理由です。さらには、昨年4月から生活困窮者自立支援法が施行され、生活に困難を抱える人の相談・支援をおこなう『盛岡市くらしの相談支援室』もできました。

これによって、今後、被災者が生活困窮に陥った際には、『フードバンク岩手』などと連携して、速やかに食糧支援の手を差し伸べることができるようになりました。今後も、皆様が被災者を含む生活困窮者の支援に心を寄せていただけるなら、ぜひ、『フードバンク岩手』に食料品を提供いただければ幸いです。

私どもは、これからも被災者の生活再建と被災地の復興を支援する活動を続けてまいります。これまでのご支援に重ねて感謝を申し上げます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。