東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

【震災関連資料デジタルアーカイブ作りワークショップ】のお知らせ

 もりおか復興支援センターでご協力している県立図書館・県立大学共同のワークショップ参加者募集のお知らせです。
 
 岩手県立図書館では、震災に関連する資料(本、ちらし、報告書、写真など)を収集しています。しかし、専門家ではない私たち市民が利用するには少しばかり難しいのが現状です。そこで今回のワークショップでは、岩手県立大学と岩手県立図書館が協働で開発した試作システムを用いて、新たなデジタルアーカイブを作ることを試みます。皆さんの興味・関心で作成した新たな資料が、コーナーの利用活性につながり、震災の記憶の風化を防ぐ礎(いしずえ)としてのデジタルアーカイブになっていくかもしれません。
 
 全3回の連続ワークショップです。参加費は無料、参加可能な回だけでも結構です。一般の方々をはじめ、専門知識や業務経験を生かせるNPOスタッフの方々の参加も大歓迎です。皆さまふるってご参加ください。
 
第1回 震災関連資料に触れよう! (場所:岩手県立図書館)
① 11月25日(水) 10時~12時
② 11月25日(水) 18時~20時
※①か②のいずれかにご参加下さい。
 
第2回 現地を取材しよう!(日帰りバスツアー) 早朝盛岡出発・夕方帰着予定
① 12月12日(土) 宮古 or 大船渡 or 陸前高田
② 1月16日(土) 宮古 or 大船渡 or 陸前高田
 
※①か②のいずれか(または両方)に参加可能です。また、第2回に参加できなくても申し込みで可能です。詳細は下記までお問い合わせ下さい。
 
※概要は第1回ワークショップの参加者の意見を考慮して確定します。参加者が少ない場合は中止する場合があります。(昼食代・入館料等は本人負担)
 
第3回 成果を報告しよう!(場所:岩手県立図書館)
2月7日(日) 13:00~15:00(予定)
 
 
●参加申し込み方法 (メール・FAX・お電話にて受付致します)
氏名(ふりがな)・年齢・お住いの市町村名・メールアドレス・電話番号・に加え、参加可能日をご記入の上、下記申し込み先にご連絡ください。
FAX申し込みの場合は、添付のチラシを印刷して申込用紙としてご利用ください。
 
※定員15名 先着順
 
●申し込み締め切り:11月23日
 
●申し込み先:岩手県立大学 前田(受付担当)宛
【 メール :s-maeta@ipu-office.iwate-pu.ac.jp 】
【FAX:019-694-2691 (同電話(平日のみ)) 】
 
●参加費:無料
(「第2回 現地を取材しよう!」では、昼食代・施設入館料等、自己負担分がございます)
県大・県図書館ワークショップ2015WSちらしPDFデータ
 

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。