東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

漫画家ボランティアツアー2015 ご報告② 10月11日久慈・野田編

10日の夜は田野畑村で一泊。翌日10月11日、三陸鉄道に乗って、次の目的地久慈市へ。

IMG_0723 IMG_0736

久慈市では「もぐらんぴあ・まちなか水族館」にてお絵かき会を開催しました。久慈野田地域の子どもたちとともに、大きなクラフト紙にいっぱいのサカナを描きました。漫画家さんたちが描いた海底に、子どもたちが大小の海の生き物を思うまま泳がせます。魚だけでなく、鯨にクラゲ、太古のウミユリからおしゃれな人魚とさまざまな生き物が描かれました。どれも大胆ながらしっかり特徴を押さえていて「岩手の子どもは魚の絵がうまい」と、漫画家さんたちに舌を巻かせました。

IMG_0762 IMG_0801 IMG_0832 IMG_0877 IMG_0892 IMG_0897KIMG0205

完成した絵は、まちなか水族館さんで展示されています。また、10月31日(土)、11月1日(日)に盛岡で開催される『いわて若者文化祭』、ななっく会場にてこのうちの1枚が展示されます。

 

イベント後の午後は野田村の復興の様子を見学、高台移転の団地などを訪ねました。45号線と海に挟まれた高台にある綿津海神社の跡地に立つと、復興進む村の町場に比べて今も荒涼としたままの境内の様子に、漫画家の皆さんも息をのんでいました。

KIMG0207

11日夜は滝沢市にあるモンゴル村のゲルに宿泊しました。ここは、モンゴル出身で岩手大学の留学生だったムンフバットさんが岩手の復興に貢献したいと整備したものです。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。