東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

月別アーカイブ: 11月 2014

盛岡南高校の皆さまから活動支援金をご寄附いただきました

11月19日(水)、岩手県立盛岡南高校の皆さまから、SAVE IWATEへ支援金のご寄附をいただきました。盛岡南高校の生徒の皆さんは「復興支援教育」の一環として、さまざまな形での支援活動を続けています。

沿岸にも何度も訪れ、陸前高田市の「けんか七夕」に引手として参加した他、釜石のブドウ畑の手入れをするなど、現地の方々と共に汗をかいてきました。
SAVE IWATEの活動にも長らく支援をしていただき、ボランティア活動へ積極的に参加してもらっております。
今年の8月には、復興ぞうきんの製作サロンにもお手伝いいただき、縫い手の皆さんに元気を与えてくれました。
KIMG0253KIMG0251
この度おあずかりした活動支援金は、10月に行われた盛岡南高校文化祭「南昌祭」にて、復興ぞうきんなどの復興支援グッズの販売をした際の売り上げ金です。
販売会と共に、今まで生徒の皆さんが携わってきた復興支援活動をお知らせするパネル展も催され、被災地の現状とこれからの課題を来場の方々にお伝えしていました。
CIMG1817IMGP8960

盛岡南高校の皆さま、復興グッズのお買い上げを通じて、支援のご協力をいただいた皆さま、誠にありがとうございます。

【11月15日~16日】いわて若者文化祭にて、漫画家×SAVE IWATEコラボアイテムが展示されます【プラザおでって】

今週末、11月15日(土)16日(日)開催の、「いわて若者文化祭」にて、

しりあがり寿先生をはじめとする漫画家の方々から原画を提供いただき、

SAVE IWATEで作成したコラボアイテムが展示されます。

会場は「プラザおでって2階 ギャラリーおでって」です。

2011年4月から復興支援のため岩手へ何度もいらしているのが、コミックビームなどで活躍されている漫画家の皆さんです。被災地でのガレキ撤去や訪問活動に加え、内陸でもチャリティ活動にご尽力いただきました。その様子は、先月の「マンガと震災」フォーラムでもご紹介しております。

その一環として、SAVE IWATEの復興支援商品などの製作にも、ご協力をいただきました。その中から、「復興ぞうきん」と「SAVE IWATE Tシャツ」を今回、展示いたします。

また、SAVE IWATEにプレゼントしていただいたサイン色紙や、珍品「ボランティア顔出し看板」も展示されます。

顔出し看板は、しりあがり先生の個展「ボラとみず」展で展示されたものです。ガレキ撤去などの作業にあたるボランティアに扮して写真が撮れて、誰でもボランティア気分が味わえるというペーソスに富んだ逸品です。

岩手ゆかりの漫画家紹介コーナーにての展示となります。他にもおでって館内では、アート作品、映像作品、伝統工芸品など若手作家の展示コーナーもございます。皆さま、こぞってご覧においでください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。