東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

もりおか復興支援センターでは震災関連書籍・資料の閲覧が可能です。

もりおか復興支援センターには、現在400冊近い震災関連の書籍が所蔵されております。
貸し出しは行っておりませんが、センターの開所時間中(9:00~18:00)は、
館内で閲覧いただけます。
お時間あるときはじっくりとお読みいただき、
立ち寄ったついでであれば、気になる本をお探しいただくだけでも、ご利用ください。
また、蔵書一覧を下記サイト「リブライズ」にて公開しております。
お探しの書名やキーワードで検索することも可能です。
ぜひご利用いただき、関心のある本が見つかりましたら、
もりおか復興支援センターへお越しください。
また、もりおか復興支援センターでは岩手県沿岸12市町村の広報、
東海新報・釜石復興新聞・福島民報・福島民友・岩手日報・河北新報の6地方紙
読売・朝日の2全国紙も閲覧いただけます。
広報の新着情報はもりおか復興支援センターのホームページ、
フェイスブックでもお知らせしております。
沿岸の情報をお求めの方はぜひともご利用ください。
もりおか復興支援センター
ホームページ→http://morioka-fukkou.com/
もりおか復興支援センターでは、復興に向けての情報を広く発信してまいります。
ぜひ、情報収集の場としてご活用いただければ幸いです。

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。