東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

ボラ番 視察送迎

 

阪神淡路大震災当時、神戸でボランティアを経験したN氏は今年の3月11日を迎えるにあたり、登録している

「兵庫ボランティア東京支部」のメンバーに東北沿岸視察を呼びかけたところ、横須賀市在住のI氏から返信があり

今回の行程となった。

沿岸復興ボランティアの実情を知ろうともりおか復興支援センターを訪れ、ボラ番を紹介されたN氏の呼び掛けに

応じたI氏ともども、発災後初の沿岸行である。

 

被害は市町地区の地形と方角、水深により異なることから津浪着岸地の復旧進捗を比較しながら、文字通り帯状に

北上した。陸前高田のまず、旧市街地という概念とデンと居座った盛土の用途にたいする理解が、繋がらない。

津波の浪嵩と破壊力が思うように結びついてくれない。一通りの説明がお二人にとっては混乱となり無言にさせてしまう。

(この時点で、お二人は、観光を兼ねた見学者ではないと確信を持った)

 

国道45号線の山田宮古境界付近に現存する、異形の大型防潮扉をまえに

「鉄以上の力がなければ、こんな変形はありませんね。これまで被災地をみせて頂いて、鈴木さんの説明を聞かせて

頂いて判りました、波の動き、流れは複雑にからみあっている、津波は水じゃない、ぴちゃぴちゃする水じゃない、

鋼鉄ですね。それが特急電車なみの速度で人や家屋に激突したのですね」

 

行程の最後の遺構が罹災の本質を促した。陸前高田市街地の消失を、このような言葉とともに理解していただけた事になる。

その重みは、帯状につながる被災の現状が実のある忘れられない報告となって、伝言されることになる。

それは被災地支援者として希望につながるものだ。

(鈴木智太郎)

 

IMG_0182

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。