東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

ボランティア番屋 週報

ボランティア番屋 2月11日からの業務内容と今週の予定を

お伝えいたします。

===========================

 平成26年2月11日(月)~2月16日(日) 》

 

【ボランティア参加人数】 6名

 

・2月11日(火)

事務処理日。

・2月12日(水)

なんでもやろう会準備【1名】

作業打ち合わせ等。

・2月13日(木)

なんでもやろう会準備【2名】

事務処理日。

・2月14日(金)

なんでもやろう会準備/支援車両【2名】

沿岸の支援2団体へのカーシェアリングに関して、保管先の除雪を行いました。

東京から参加したボランティアの方は、このような内陸での作業も支援につながる

事に感心と気づきがあったようです。

 

内陸避難者むけ「漁師めし」講座が市内公民館で開催。ボランティア番屋チームリーダー

千村真一が講師として集まった16人の方々に「鮭のちゃんちゃん焼き」を、釜石からの

女性は「さんまのつみれ汁」を、調理実演し、好評を博しました。

・2月15日(土)

紙灯篭作り【1名】

事務処理日。

・2月16日(日)

東京からボランティア参加の方に、災害の風化を防ぐため現在の沿岸の状況と問題点を見て

頂くため、宮古、山田、大槌をご案内しました。

 

今後の予定=======

・2月20日(木)

なんでもやろう会はタオルを使った手芸品を作ります。

・2月23日(日)

こびるの会はちらし寿司を楽しみます。

 

以上です。

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。