東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

ボランティア番屋 週報

ボランティア番屋の鈴木智太郎です。

8月27日からの業務内容と今週の予定をお伝えいたします。

===========================

 平成25年8月27日(火)~9月1日(日) 》

 

【ボランティア参加人数】 53名

 

■8月27日(火)

盛岡つなぎ地域災害復旧参加【10名】

・8月28日(水)

盛岡つなぎ地域災害復旧参加【8名】

・8月29日(木)

盛岡つなぎ地域災害復旧参加/なんでもやろう会準備【15名】

・8月30日(金)

盛岡つなぎ地域災害復旧参加/なんでもやろう会準備【8名】

・8月31日(土)

盛岡つなぎ地域災害復旧参加/なんでもやろう会準備【12名】

○JSA日本科学者会議岩手支部主催「東日本津波被災地視察in岩手」は岩手大学、弘前大学、沿岸高校、津波救援復興

県民会議の各関係者の参加を得て9月1日まで山田町・釜石市・大槌町の街区と港湾施設を視察した。SAVEIWATEでは

盛岡沿岸間の往復送迎を千村真一が災害状況を解説含めて担当。

○概報の盛岡南高等学校ボランティア活動の発表が同文化祭~南昌祭~で行われ、会場では活動の 感想や福島県

南相馬市居住者の取り組み、阪神淡路大震災関連記事を展示、スクリーンには活動風景のスライドショーが投影され

来場者の関心を集めた。

以下は菅野絵梨の報告。

「展示教室の隣では復興支援模擬店として味噌・醤油・サイダーなどの沿岸特産品を販売、屋外屋台ではサイダーを原料に

フルーツポンチを、手づくり塩入りチョコバナナを、クレープに地産アイスクリームをのせて提供していて、なるほど、こういう風に

特産品を使っているのかと驚かされるアイディア商品は高校生ならではの発想であると感じました。

ご挨拶に伺った校長先生は震災当時、県南にある大東高校にいらして野球部員と陸前高田へ炊き出しに行ったということを

お聞きする事ができました。今年度から始まった盛岡南高校での震災教育は、開始から半年ですが生徒のみなさんの意識は

高く、「もっと活動に参加したい」という声を多くいただきました。それは校長先生をはじめとした教員の「震災に関する意識

の高さ」と「地道な事前学習やボランティア活動」の賜物であると強く感じております。

盛岡南高校をモデルケースとした震災に関する教育への取り組みは内陸他校へ拡げていくべきではないでしょうか」

・9月1日(日)

先月25日に初回を迎えたみっこ倶楽部・ばっけの会・赤い羽根助成事業共催の「癒しサロン」は大船渡市内で開催された。

企画運営の菅野絵梨によれば、

「今回は復興支援者12名、被災者7名の方に参加していただきました。途中、人数が多くて待たせてしまう場面もありましたが、

みっこ倶楽部の紺野さんが自分で簡単にできるヨガを紹介していて、待たせる人を退屈させないよう配慮してくださいました。

アンケートでは多くの方が「癒し」や「前向きな気持ちの維持」のサポートを必要としていること、そして継続的な「ケア」を

望んでいることが顕著に表れていました。大船渡・陸前高田地区はニーズが大きいことが判ったので継続したサポートを

考えなければならないと感じます」

 

○明治学院大学国際学部トム・ギル校外実習ゼミが岩手・宮城・福島の被災地視察、ボランティア体験、施設見学として15日

まで開講、5日までの岩手県内旅程に鈴木竜一がドライバーとして参加している。3日目の様子として次のような報告があった。

「明治学院大学のプログラムになかったことを提案してみました。その提案を受け入れてくれて、同じ場所に昼と夜、行くことが

出来ました。日中は荒天であっても明るい地域が、夜になると暮らしの灯りがあるところ無いところの境界線が見える。

それがどういうことなのかをそれぞれ感じることが出来たとは思いますが、まだ足りないと感じています」

校外実習ゼミには学生12名が参加している。

○大船渡地域配送1便(鈴木智太郎)

 

今週の予定=======

・9月4日(水)

ボランティア番屋ミーティング

・9月6日(金)

SAVEIWATE沿岸視察ツーリズムは2回目、水産加工場内作業。

・9月7・8日(土・日)

県央豪雨災害復旧ボランティア作業が行われる。

参加希望者は盛岡市本宮5-10-14 ボランティア番屋で8:15~8:45までに受け付けを

済ませて下さい。8:45よりミーティング、出発は9:00の予定です。

※お問い合わせは

盛岡市社会福祉協議会 019-651-1000 まで。

 

■県央豪雨災害復旧ボランティア作業は翌週の14日(土)、15日(日)も活動を予定しています。

 

以上です。

 

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。