東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

ボランティア番屋 週報

ボランティア番屋の鈴木智太郎です。

先週の業務内容と今週の予定をお伝えいたします。

===========================

《 平成25年6月11日(火)~6月16日(日) 》

【ボランティア参加人数】 27名

■6月11日(火)

宿泊棟管理作業【2名】

・6月12日(水)

なんでもやろう会準備【2名】

・6月13日(木)

なんでもやろう会開催/紙灯篭作り【9名】

長さ100cm幅7cmに整えた端切れ12本で1組のわらじを作成。

編み方に戸惑いを覚えた皆さんは立体感を掴むと作業はことのほか進捗、

仕上げの丁寧さに個性が伺えるに至る。次回は鼻緒を編みこみ実用まで。

内陸避難の方13名、ボランティア4名が参加。

・6月14日(金)

なんでもやろう会準備/沿岸作業【3名】

盛岡南高校2学年生120名の沿岸ボランティアマッチングは、陸前高田

ヤルキタウン、公益社団法人助けあいジャパンとの共同調整で実現した。

陸前高田市内の公道沿いを草刈りと整地。ヤルキタウンが22日に開催する

「笑顔で復興プロジェクト」の種まきに引き継がれる。育つのはひまわりの花。

(鈴木竜一/菅野絵梨)

・6月15日(土)

なんでもやろう会準備/紙灯篭作り【7名】

NPO「みどりと自然を育む会」主催、オープンガーデン見学会に協働。

大槌桜木町~盛岡市内、滝沢村内、紫波町内にマイクロバスを往復運行。

小槌川を遡上した津波により1階浸水、犠牲者も出た地区を花の街へと

住民の皆さん7名が研修参加。

(鈴木竜一/大久保誠)

・6月16日(日)

宿泊棟管理作業【4名】

山田町学習支援チーム送迎、情報収集。

(鈴木智太郎)

◆今週の予定=======

・6月17日(月)

SAVE IWATE全体会議

・6月19日(水)

ボランティア番屋ミーティング

・6月20日(木)

なんでもやろう会開催13:00~

・6月22日(土)

ボラ番こびるの会開催13:00~

羅針盤作業は毎週木曜日13:00~

第10回こびるの会は22日開催。

今回のお題は七夕飾りと自家製ドーナツ。

皆さんのご参加をお待ちしています。

以上です。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。