東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

SAVE IWATE 全体会開催 2013.06.17

本日、盛岡プラザおでってにおいて、SAVE IWATE全体会が開催されました。

日頃はしぇあハート村、もりおか復興支援センター、鉈屋町八百倉、岩手もりおか復興ステーション(東京.飯田橋)と離れて活動をしていますが、 本日、SAVE IWATE職員と非常勤スタッフ、ボランティア47名による全体会が開催されました。 全体会では「SAVE IWATE 2013 ミッションとビジョン」について寺井代表から提案が行われたあと、平成24年度決算と25年度の予算について 事務局から報告がありました。

SAVE IWATE設立から2年3ヶ月が経過し、活動は多岐にわたっています。

下記チームより今年度の活動計画が示され、全体の活動内容について共有をすることができたように思います。

○しぇあハート村 ボランティア番屋チーム ○しぇあハート村 センターハウスチーム ○もりおか復興支援センター 生活相談チーム ○フードファームチーム ○もりおか復興支援センター サロン.リフレッシュチーム ○岩手もりおか復興ステーションチーム (東京) ○三陸和グルミプロジェクトチーム ○復興カレンダープロジェクトチーム ○復興ぞうきんプロジェクトチーム ○羅針盤プロジェクトチーム ○学習支援チーム ○起業支援チーム

午後からは「SAVE IWATE に求められる支援とは」と題して、現在の復興、支援についての問題点についてそれぞれの考えが述べられ、また新しい試みにつての提案も活発に行われました。 終了後、盛岡の中心を流れる中津川のほとりで記念写真を撮り、散会となりました。

DSC_4401

Content

DSC_4396

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。