東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

ボランティア番屋 週報

ボランティア番屋の鈴木智太郎です。

先週の業務内容と今週の予定をお伝えいたします。

===========================

《 平成25年6月4日(火)~6月9日(日) 》

 

【ボランティア参加人数】 34名

 

■6月4日(火)

なんでもやろう会向け布地準備作業【4名】

宿泊予定調整、他事務作業。

・6月5日(水)

羅針盤向け作業【4名】

・6月6日(木)

敷地内整備/旧盛短倉庫内作業【12名】

復興支援センター定例お茶っこ会がボラ番に場所を

移して開催。カラオケを楽しむ傍で台所ではちらしの

お寿司作りなど華やいだ雰囲気。

昼、歓談しながらちらしを頬張る皆さんの笑声が室内からこぼれて

庭へ空へ。 参加者11名。

・6月7日(金)

宿泊棟敷地整備/なんでもやろう会向け布地準備【6名】

盛岡市内高校生沿岸ボランティア活動地で確認と打ち合わせ。

併せてイベント開催用テント二張りを配送。

(鈴木竜一/菅野絵梨)

大槌町内の方々を内陸沼宮内の石神の丘美術館案内ともども

往復送迎。

(千村真一)

・6月8日(土)

羅針盤準備作業【4名】

大槌町内こいのぼりの撤去作業。

(鈴木竜一)

・6月9日(日)

宿泊棟敷地整備【4名】

◆今週の予定=======

・6月12日(水)

ボランティア番屋ミーティング

・6月13日(木)

なんでもやろう会 13:00~

・6月14日(金)

市内高校生沿岸ボランティア作業。

・6月15日(土)

大槌町内ハンニングバスケット研修者を盛岡往復送迎。

羅針盤作業は毎週木曜日13:00~

手創りサークル“なんでもやろう会”は13日と20日に

13:00~今回は端切れで布ぞうりを作ります。

第10回こびるの会は22日開催。

今回のお題は七夕飾りと自家製ドーナツ。

皆さんのご参加をお待ちしています。

 

 

以上です。

 

 

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。