東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

【活動報告】2012年12月24日 大槌 遊び場にて♪

こんにちは♪
番屋より活動のご報告です♪
昨年末にこちらでもボランティアの募集をした大槌での【遊び場】に参加して参りました。
子どもたちと元気いっぱい走り回りましたよ★★

【日時】12月24日 10時-15時
【場所】大槌仮設校舎グラウンド(大槌の小中学校の合同仮設校舎です。)

【内容】

大槌の小・中学校が入る『大槌仮設校舎グラウンド』にて、『遊び場』なるイベントが開催されましたっ!!
大槌小、安渡小、赤浜小、大槌北小、大槌中学校の合同校舎となるこの仮設校舎。
クリスマス・イブのこの日、大槌では明け方から雪が降ったようで、グラウンドには少しだけ積もっていました。
子どもたちはグラウンドへ来るやいなや、その少しの雪で雪合戦をスタート!!
元気いっぱい走り回り、対象とされた大人は開始早々猛ダッシュで逃げるもすぐに力尽きていました・・・。

IMGP3906

本来の校舎は津波の被害を受けていたり、火災にあっていたり、以前より子供たちが元気いっぱい遊べる場の少なくなった大槌。
このグラウンドはとても広く、雪合戦をするにも十分すぎるくらいでした
集まった子どもたちは延べ約20人。小学生がほとんどでした。

仙台・福島からも『遊び場(プレーパーク)』の活動をされている方々が駆けつけ、
大きな遊び道具を『あそぼっカー』という名のついた車にのせて来て下さいました

IMGP4032

その大きな遊び道具の中には、木材とノコギリ、トンカチといった【材料と工具】がたくさん詰まっており、
子ども達は思い思いに木を切り、ネジでくっつけ…作品をつくっていました。

 

IMGP3927

 

また、手作りのアイスホッケーがあったり、飯盒炊飯もできたり…!!

IMGP3956

そして元気な男の子たちは、サッカーをしたりフリスビーをしたり、缶けりをしたり!!
男の子も女の子も、学年関係なくみんなで思いっきり遊びました!!

IMGP4020

中にはケンカして泣く子もいましたが、お兄さんとお話しをして落ち着いたり、
サンタクロースが登場してクリスマスプレゼントを配布したり、帰る時にはみんな笑顔でお別れです。

IMGP4003

今回の企画には、大槌で子ども支援の活動をされている
グッドネーバーズジャパン様、しがNPOセンター様、日本遊び場づくり協会様が共同で企画・運営されました。
子どもを対象にプロフェッショナルで活動されている皆さまの子どもたちへの対応が本当に素晴らしく、感動致しました。
このような活動は日本全国で広まることで、多方面からの子ども教育が出来より良いのでは、と思います。
ありがとうございました

また、ご参加下さったボランティアの皆様も、大変お疲れ様でした。ありがとうございます!!
また今年も様々な活動のお手伝いに伺いますので、どうぞお力添えを宜しくお願い致します。

以上です。

番屋より♪♪♪

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。