東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

羅針盤 活動報告

   羅針盤はもりおか復興支援センターと番屋で活動を続けています。
ご参加下さっているメンバーの方、ボランティアの皆様、ご協力ありがとうございます。

震災後、沢山の皆様に助けていただいたお礼を申しあげたい・・・羅針盤の活動は被災された方々の声から始まりました。

需要の無かった支援物資をリフォームし、ささやかな品でも完成度の高いものをお礼状に添えてお送りできないだろうか?
度々講習会を開き、技術を学び、アイディアを出し合いながら、作品を作っていますが、この度、まとまったものが完成しましたので、随時お礼の発送を始めています。
あまりにも沢山の方からご支援を頂き、お名前が分からない方も多いので、実際にお礼ができるのはほんの一部に過ぎないことをお詫びしなければなりませんが、羅針盤一同より、皆様に心からお礼を申しあげます。                   

ウールのコートやスカートから制作したテディベア 

DSC_2032

DSC_1110

DSC_2049

足利銘仙で作ったあずま袋、きものをほどいて作った袱紗、名刺入れ、バッグ、巾着 などがあります。 クリスマスによせて、素敵なリースやオーナメントも出来ました!                     羅針盤のリフレットも完成し、作品をご紹介していますので、興味のある方はセンター小笠原までご連絡下さい。 080-6006-9201

またこの度、もりおか歴史文化館のご厚意で、作品の一部を販売させて頂くことになりましたので、ぜひお立ち寄り下さい。

日時  12月15日 (土)    10時~14時
    もりおか歴史文化館  にじいろマート

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。