東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

[配送報告]11月9日

【11月9日 配送報告】★☆

時折小雨が降ったりしてきますが日中はとても暖かく過ごしやすい
天気となっています。

本日も大船渡市へ配送で2件お伺いしました。
そのうちの1件は3度目の訪問となりますが、配送で依頼して下さった方はとてもパワフルな方で頭が下がります。

その中で「震災から1年過ぎた頃から体調を崩す方が目立ってきており、なかには病院へ運ばれる方もいれば
(仮設住宅か病院で)亡くなられたかもいる。やはり震災の影響でストレスが貯まり、今まで元気だった方が
急に体調を崩し、とても辛い生活を強いられたのかも知れません。」と少し堅い表情でお話をしていました。

「行政側からの復興に関する説明会は1回のみ。今後、高台移転や土地のかさ上げなどの生活再建に関する
相談については自分から出向いて話しを聞かなければならない」との事です。

その他に仮設公民館の館長さんから震災当時の話しもして下さいました。
「震災後から4ヶ月間は主にレトルト食品や缶詰だけで栄養を蓄えてきたが
その後からご飯やラーメンも出てきた。毎日同じ食事だったので健康は二の次に考えていた」そうです。

「仮設に住んでいる被災者の名簿に関する情報提供を行政側に求めたが、
『お金もないし情報を提供できる余裕がない』。」という理由で断られたそうです。

現在でも被災者同士のつながりはとても強く、季節柄の行事やイベントが開催されるときは楽しく参加され、
「孤立する被災者を1人でも減らそう」という取り組みも行われています。

仮設団地に住んでいる被災者が1日でも早く元の生活に戻れるように一人一人のつながりが
末永く続けていけれるようにこれからも支援を続けていきたいと思います。

配送報告 成田 達哉

ドライバー 鈴木 智太郎
同行者   成田 達哉

以上です♪♪♪

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。