東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

岩手ソーシャルビジネススクールより

 7/9から始まったインターンシップのパソコン初心者コースの全日程が終了いたしました。 おかげさまで27名の研修生の方々が修了証書を手にされました。高齢の方も多く、最高齢は81歳!! 70代ではじめてパソコンにチャレンジされた方も多かったです。 沿岸から通い続けた20代。 様々な方がいらっしゃいました。 研修生の約8割は、東日本大震災で被災された方々です。 みなさん、いろんな想いを抱えて通ってくださったと思います。最初はダブルクリックすらおぼつかなかった方々も、研修が終わるころにはWordで写真などを取り入れた立派な文書を 1人で作成できるようになりました。もともとパソコンを使えた方々はさらにスキルアップされ、講師並みの作品を作っていらっしゃいました。皆さんが日々できることが増えていくことが とてもうれしく感じられました。 感動する場面も多かったです。 パソコンコースなのに。。。

たった2ヶ月  こんなに短期間でも真剣に取り組めば年齢など関係なくスキルアップできるのだとこちらが教えていただきました。

新しい環境に置かれても、新しいことに挑戦し続けること。 あきらめないこと。 みなさん、前だけを向いているわけではないと思います。前を向こうとしていることは確か。至らなかった点も多く、ご迷惑もたくさんおかけしたと思います。 こちらがたくさんのことを学ばせていただきました。
日々のやり取りの中で、被災された方にとっていま必要なことはなんなのか?? どんな想いを、どう受け止めていったらいいのか。。。 

この研修を実施するにあたって、2名の講師と、アシスタントのボランティアさん20名の方々にご協力いただきました。2名の講師には、丁寧な研修をしていただき、最後まで全力で取り組んでいただきました。

アシスタントのボランティアさん。この方々がいらっしゃらなければこのコースは成り立っていなかったと思います。遠くは岡山、広島、静岡、東京、兵庫、愛知、神奈川、青森、岩手県内各地からご協力いただきました。善意のかたまりの皆さんに感謝感謝です!!!!!

このコースに関わってくださった全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

ここで終わることなく、このご縁をずっとつないでいきたいと思います。

担当・千葉菜津樹
 
 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。