東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

【活動報告】三陸復興日独青少年サマースクール協賛イベント

こんにちは!
番屋より15日~17日まで3日間参加したイベントのご報告です。

【日時・場所】
9月15日@グリーンピア三陸みやこ
16日@グリーンピア三陸みやこ
17日@鍬ヶ崎「ODENSE」ドーム型仮設集会場

【関係企業】
非営利株式会社ビッグ・エス インターナショナル(http://www.bigs-i.com/)
株式会社RapportStyle(http://www.rapportstyle.com/)
有限会社たも屋(http://www.tamoya.com/)
西濃シェンカ―株式会社(http://www.dbschenker-seino.jp/log-jp-jp/start/)
シュトルク製菓【活動内容】
三陸復興日独青少年サマースクール(http://www.dwih-tokyo.jp/ja/home/)開催に合わせ、
協賛として提供された「たも屋のうどん」と「マッサージ」のサポート。
主にうどんの提供のサポートを行いました。

うどんは香川より「本場讃岐うどんのたも屋(http://www.tamoya.com/)」さんが
職人さんを引き連れてきて下さり、美味しい本場の讃岐うどんを提供して下さいました。
たも屋の皆様はとても気さくで明るく、熱心に被災地のことを考えて下さっていました。
讃岐うどんを食べた皆様はその美味に大変感動してらっしゃり、
おかわりする方が続出!!また遠い四国から来て下さったことに、
大変ありがたいとおっしゃっていました。

マッサージには「株式会社RapportStyle(http://www.rapportstyle.com/)」より
全国の接骨院、整骨院、鍼灸院のハンサムな先生方がいらっしゃり、

一人ひとりのニーズに応じ丁寧に施術して下さいました。
ご高齢者だけでなく、小さな子どもを持つお母さんや等も受けてらっしゃり、
お母さん施術中はそのお子さんの遊び相手を別の先生が
されてらして、子どもは楽しくキャーキャー遊びタイム
お母さんにとっては心と体の癒しタイム、
それぞれにとって非常に良い時間になったことと思います。
順番待ちをする方が絶えない程の人気でした♪現地の指揮をとってらした「立ち上がるぞ!宮古市田老(http://npotarou.web.fc2.com/index.html)」
のスタッフの方も、当日は強風の吹く炎天下、一緒に告知に尽力して下さいました。
ありがとうございました。

【SAVE IWATE参加ボランティア】
15日:14名(+かわいキャンプ様より5名)
16日:7名
17日:6名

今回はご参加頂いたボランティアさんの臨機応変に対応できる力の総結集によって無事行うことができました。
暑い中本当に大変だったと思います。誠にありがとうございました!!
今後も皆様と様々な面より話し合い協力し合い、ニーズに沿った支援をしていかなくては、と思います。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

遠いところからいらして下さった、たも屋の皆様、全国の協賛診療所の皆様、

この度はご支援誠に有り難うございました!!
以上です。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。