東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

復興応援短歌集Ⅱ

残暑厳しい8月24~26日 盛岡劇場を主会場に第7回高校生短歌大会、短歌甲子園2012が開催されました。
この大会は歌人・石川啄木を顕彰し、若い世代の短歌づくりを振興するために、
啄木のふるさと盛岡市で開催されているものです。

昨年度に引き続き、東日本大震災からの復興を応援する短歌を募集したところ、
全国43校176名の高校生から応募があり、「復興応援短歌集」が発行されました。
大会実行委員会の了解を頂き、作品の幾つかをご紹介いたします。

あの揺れはすでに わたしに組み込まれ これからずっとわたしの一部
秋田県立秋田高等学校 小野美咲

また海が戻ってきたと宮古から 手紙を添えて 荒巻鮭が
岩手県立盛岡第一高等学校 谷村康太

三陸の 美しき浜 いつかまた 皆幸せに 眺む日を待つ
岩手県立盛岡第四高等学校 菅野景太

三月十一日 その日の月は堂々と 何も出来ない 私を照らす
岩手県立水沢商業高校 菊池圭一

何もかもさらってしまったあの日から 強くなったね 心も街も
宮城県名取高等学校 寺井陽子

自分だけと 孤独を感じる日常に テレビを見れば もう一人の自分
宮城県小牛田農林高等学校 安田佳樹

モノクロの 私の命 色づいた 何かをしたい 希望が輝る
福島県立葵高等学校 渡部世来

二回目の夏が来ている東北を 写すテレビに 誰かの笑顔
茨城県立下館第一高等学校 平入麻衣

一つづつ 私たちの 当たり前 届けていけば よりよい東北
鈴鹿工業高等専門学校 藤川良祐

絆の字 みんなが意識し 見つめた字 見えない絆も 見つめた年
広島県立油木高等学校 矢吹佳得
短歌甲子園2012、及び復校応援短歌集についてのお問い合わせは
盛岡市ブランド推進課へどうぞ。

寺井良夫

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。