東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

さんさ踊りに参加しました

第35回盛岡さんさ踊りが8月1日から4日まで盛岡市中央通を主会場に開催され、内陸避難者8名を含むもりおか復興支援センターチーム約30名もパレードに参加しました。
もりおか復興支援センターチームは初日の1日、盛岡青年会議所グループ内の一般参加集団に加わり、市内の専門学校や市民の方から寄贈された浴衣を着て、七夕くずしを踊りました。参加者の多くはさんさ踊り初心者で、6月上旬から約2ヶ月間の練習を重ねてきました。1回あたりおそよ2時間、汗で上着がびっしょりになるほどの真剣な練習の成果もあって、本番では初参加とは思えないほどの素晴らしい踊りを披露しました。そしてパレード後、「楽しかった!!」と大満足の表情で話す皆さんの笑顔が印象的でした。

もりおか復興支援センター 吉田

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。