東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

SAVE IWATEの新プロジェクト「ミシン工房 羅針盤」が動き始めました

昨日、7月18日は毎週水曜日恒例の「ミシン工房 羅針盤」活動日でした。

助成金を交付して頂いた、ラッシュジャパン様からご依頼の作品と
お礼・PR用の作品の締切日でした。
それぞれ作品を持ち寄り、皆さんへお披露目させて頂きました。
この日の参加者は16名。盛岡の最高気温は32℃でしたが、暑い中
皆さんお集まり頂きました。


可愛いテディベアや粋な札入れ、目を引くカードケースなど
個性豊かな作品が集まりました。

この作品は布でお届け頂いたものの他に、きものやコートをほどき、洗濯してリメークしたものです。
見学に来ていた方々も興味深々で、手に取って「すごーい!」「可愛い」
「どうやって作るの?」「自分も作りたい」など口々に仰って下さり、
作品作りをした方は励みになったようです。

これから新しい作品が続々登場しますので、折々に皆様にご紹介させていただきます。

午後からは、メディアの取材がありました。
手仕事を通じて「生きがい」「自立」「楽しさ」を目標に方位磁石のような
道しるべを、皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

・来週水曜日7月25日は恒例の講習会です。
「韓国風小風呂敷・ポシャギ」の作り方を教えて頂きます。
・時間は10:30~12:30
・場所はもりおか復興支援センター2階です。
参加ご希望の方は
・電話:019-654-3521まで
ご自分の裁縫道具のある方はご持参下さい。
皆様のご参加お待ちしております。

担当 小笠原

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。