東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

番屋模様替え

爽やかな季節を迎え番屋が模様替えをしました。

番屋は物資をお渡しするばかりではなく、人と人をつなぐ出会いの場としての役割を担っています。
被災され、消息の分からなかった人達が偶然番屋で再会することも度々ありました。
天気の良い日は大きな扉を開け放っていますので、ぜひお立ち寄り下さい。

火の見櫓にゴーヤの苗を植えてくれたスタッフがいます。
この櫓にゴーヤが丈を伸ばして行くのが楽しみです。

奥までずっと見渡せる番屋。
奥の台所ではボランティアさんが昼食の準備をしてくれます。
物資の搬入、搬出を終えて、昼には皆さん楽しくテーブルにつきます。

2階にもテーブルが入りましたので、色々な形でご利用下さい。

 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。