東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

学習支援@山田町/盛岡市

SAVE IWATEで日々活動しているスタッフの中には、学生も多くいます。
彼らが中心となって、山田町にてとある高校生の学習支援を始めてから、しばらく経ちました。

今では生徒数も増え、また高校生から中学生、小学生までと、生徒の幅も広がってきました。

また内陸に避難してきた学生のため、活動の場所を盛岡にも増やし、継続して学習支援を行っています。

先日8、9日にも、山田町と盛岡市で学習支援が行われました。

その様子をレポートしてくれたスタッフの文章を抜粋して転載いたします。

―――――

<山田町学習支援>

*8日
生徒:高校生2名、小学生2名
講師:5名
*9日
生徒:高校生1名、小学生2名

8日から山田南小学校に通う兄妹(小6,小3)が午前中参加しています。
「現在は仮設に住んでいるが、今年の4月から盛岡へ引っ越す。勉強についていけるか心配で、今のうちに一人で勉強できるようにしておきたい。自分も勉強をみてあげたいが、忙しい」と保護者の方は話していました。
高校生はセンター試験や専門学校の入学試験間近です!

<盛岡学習支援サロン>
生徒:小学生3名、中学生1名
講師:7名

中学生は3年生で受験が近いということで、ほぼ毎日勉強をみることになりました。

講師ひとりでは負担が大きいので、日曜日以外でも参加できる人は連絡願います。
―――――
 自分が学生だった頃のことを思い出してもそうですが、小、中、高校生といえば学習することが日常的で、そこに自分なりのモチベーションを持つことができました。
きっと学習支援に参加している学生達も同じことと思います。
学生達にとって、この学習支援が力になれたら幸いです。
また、学習指導講師に心当たりのある方がいらっしゃれば、SAVE IWATEまでご連絡いただけませんでしょうか。
連絡先:TEL : 080-5735-7555 メール:sviwate@gmail.com
詳しくお知りになりたいという方も、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。
学生が増えるにつれ、講師陣をそろえるのが難しくなってきております。
我こそは!という方、できるかも…という方、どんなことをしているのか気になる!という方、ご連絡お待ちしております。
レポート:及川

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。