東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

三陸復興カレンダー販売ご協力の御礼

もりおか復興支援センターの一隅に積み上げられていた復興カレンダーが多くの皆様のご賛同を頂きまして、日本各地に発送されています。
11月下旬に5000部を増刷しましたが、センターの在庫はすでに400部ほどになりました。
12月も後半となり、すでにカレンダーの用意は済んだ頃かと思いましたが、本日も埼玉から10部、愛知から50部とまとまったご注文が続きました。年末の会合でご紹介下さる方も多くいらっしゃいます。
PRにご協力下さった皆様、そして主旨にご賛同くださった個人、法人の皆様に心から御礼を申し上げます。

また、カレンダーの英文解説についても沢山ご要望をいただきまして、ありがとうございます。
こちらからもお送りいたしますが、HPの復興カレンダーのバナーから入りますと、中段に英訳解説のご案内がありますので興味のある方はお読み頂きたいと思います。プリントアウトができます。

ご注文はメールとFAXで頂いていますが、お電話でのお問い合わせ、ご注文も多く頂いています。
今日お電話を頂いた埼玉の方は、幼い頃、富士製鐵釜石製鉄所に勤めるお父さんの転勤のため岩手に住んだことがあり、釜石線、山田線、小佐野などいまでも地名を思い出すことがあり懐かしいとのこと、震災が人ごととは思えず、これからの被災地の寒さが大変心配ですと話しておられました。

復興カレンダーを通じて被災地支援をして下さる皆様の思いを託されて、SAVE IWATEは着実に活動して参ります。お気づきの点がありましたら、ぜひご助言下さいますようお願いいたします。

復興カレンダー担当 寺井

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。