東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

三陸復興カレンダー増刷・販売中

11月1日から発売しました三陸復興カレンダー5000部が20日を前に完売し、ご予約も頂いていたことから増刷となりました。
岩手日報をはじめとする各新聞の岩手県内版で紹介頂いたほか、15日の読売新聞全国版にも掲載されました。
また20日には日本テレビ系の昼のストレートニュースで取り上げて頂き、日本中の方から、ご予約とお問い合わせを頂きました。本日増刷が完了しますので、順次発送させて頂きます。

電話で沢山の方とお話しして感じることは、ふるさと岩手を離れて暮らす方達の多くが片時も忘れることなく、被災地に思いを寄せて下さっているということです。
読売新聞に掲載された虎舞の小さな写真を切り抜いて壁に貼りましたという方もいました。お問い合わせの電話が涙ながらのお話しになることも度々です。
さらに、このような形で支援に繋がるならぜひ協力したいと申し出て下さる団体、個人の方も多く,SAVE IWATEの活動を応援していますという有り難いお言葉も沢山頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カレンダーをご購入下さった横浜市の横山様からご感想をいただきました。ご了解を得てご紹介いたします。
 
カレンダーありがとうございました。
立派なカレンダーでした、サイズ、色共に部屋に飾るにはちょうど良いものです。
友達に差し上げましたが、祭りには大変興味を持ってくれましたので
来年の行事には一緒に参加したいと話がまとまったところです。
何年掛かるか分かりませんが、元気なうちに一つでも多くのお祭りに参加
していきたいなと考えています。
土の力、天の力、水の力など自然に感謝し崇拝する人々の心の叫びと
一体になりたいと思います。
寒さに向かっています、体に気をつけて皆様が元気で明日を切り開いていかれることを祈っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カレンダーのご注文はFAX019-654-3524とメールsviwate2012@gmail.comで頂いています。FAX、メールともご注文には返信をしていますので、返信がない場合、あるいは、待ってもカレンダーが届かない場合は、今一度お問い合わせ下さい
問い合わせ080-5735-6940

カレンダーの表紙、浦浜念仏剣舞

大船渡市越喜来に伝わる県指定無形民俗文化財。気仙地方の剣舞は、源平の亡魂
を成仏させる伝承があり、盆供養に行われます。表紙の写真は震災1か月前に行
われたフォーラムの写真です。伝承館も壊滅し、衣装、面も失われましたが、1
7枚あった面のうち、8枚が瓦礫の中から発見されました。保存会会員は不自由
な暮らしの中、地域の再興に向け新盆供養や盆行事を行い、新たな一歩を歩み始
めています。

復興カレンダー担当 寺井

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。