東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

日別アーカイブ: 2011年10月31日

2012 三陸復興カレンダー

岩手県は郷土芸能の宝庫といわれ、沿岸部には約250団体の郷土芸能が伝承されています。この地に暮らす人々は信仰心に厚く、自然界に宿る神々を敬い、信仰としての民俗芸能を大切に伝えてきました。その芸能は四季折々に、先祖を供養し、災厄防除や悪魔退散、無病息災を祈り、五穀豊穣と大漁を祈願してきました。

この度の震災により、多くの芸能団体が尊い命と共に道具や衣装を失いましたが、御魂の供養をと、お盆の頃からわずかに残った道具を持ち寄り活動を再開している団体が多くありました。仮設から通って太鼓を叩き始める人、泥に埋もれた山車や道具を洗い清める人、それはまさに鎮魂と祈りの姿でした。三陸沿岸の人々はいま、震災を乗り越えるために歩み始めています。カレンダーを見る時、三陸復興に思いを寄せてい ただけましたら幸いです。
岩手の三陸沿岸は12の市町村があります。各市町村から1つの民俗芸能を選定し12か月で12の民俗芸能を紹介しています。カレンダーは広げた状態で約60×28センチのサイズです。
来年一年、遠く離れた方々にも岩手を身近に感じていただきたいですし、時間の経過とともに懸念される被災地への意識の風化をおさえ、三陸の復興をみんなで願い続けていきたいと思います。まつりや例大祭などの開催スケジュール情報も掲載してありますので、多くの方々に三陸へいらしていただくきっかけとなることも期待しています。

カレンダーの英文解説はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新しい年が始まりました。
復興カレンダーをお求め下さった沢山のご家庭、職場で、黒森神楽の恵比寿様の笑顔をご覧くださっていることと思います。

カレンダーは日本各地、海外に約10000部発送されました。制作の主旨にご賛同いただき、販売にご協力いただいた皆様に改めて御礼を申し上げます。

昨年遅く再増刷をしました。
ご注文が続いたことと、当初から予定していた仮設住宅の集会所、談話室への贈呈分のためです。
さらに被災された沿岸の各小中高、204校に贈呈させていただくことになり発送しました。
陸前高田の仮設住宅集会所の担当者から、「気持ちが明るく清々しくなるカレンダーで、心が引き締まりました」とお電話を頂きました。

ご注文のお電話をお受けしていて感じたことは、日本中の方が被災地に思いを寄せて下さっていることでした。多くの方が被災地の寒さを心配し、心労を気にかけて下さっていました。

SAVE IWATEはこれからも皆様の思いを被災地につなぐために、活動をして参りますので、ご助言とご指導をよろしくお願いいたします。

カレンダーは幾分在庫があります。ご希望の方はメール、FAXでお申し込み下さい。
お急ぎの方はお電話を頂きますと、できる限りご要望にお応えいたしますのでご相談下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈 ご購入方法 〉

1部1,000円(税込み、送料別)

■販売している所
SAVE IWATE事務所(鉈屋町9-36 第二分団旧番屋)
岩手県庁生協(地下売店)
盛岡市内書店
 さわや書店  北山店 盛岡駅店   他盛岡全店
 東山堂書店  本店(肴町)他
 ジュンク堂書店盛岡店  (大通り)
 エムズエクスポ  (みたけ)
もりおか歴史文化館ミュージアムショップ
サンビル「まちの驛もりおか さんさん広場」
プラザおでって
啄木賢治青春館
桜山神社  (盛岡市)
盛岡手づくり村 (盛岡市繋)
ららいわて (盛岡市菜園)
ブックス西ケ丘(宮古市西が丘1丁目) 
大手書店 (山田町 なかよし公園)
かわいキャンプ (宮古市川井)  
字銅屋・深渡 (普代村)
やまびこ館 (道の駅 宮古市川井)
さゝきクリーニング(大槌町) 
三浦精肉店 (大槌町浪板)
岡本商店 (大槌町赤浜) 
復興食堂 (大槌町)
ジョイス釜石・さわや書店(釜石)
ファミリーショップやはた(大槌町)
道の駅 風の丘 (遠野)
book boy  (サン・リア 大船渡)
ナインマート (陸前高田)
道の駅石神の丘(岩手町) 石神の丘美術館
伊東文具店 (大船渡市・陸前高田市鳴石)
アルテマルカン (花巻市)
銀河プラザ (東京中央区銀座5丁目15-1)
(株)羽田ホンダ販売(東京都大田区東糀谷 3-12-10)
(株)宮地商店 (東京都台東区台東4-30-8)
栃木県「足利市民活動センター」
静岡県「復興支援カフェしずおか」 静岡市葵区呉服町ミライエ2階
兵庫県「兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ」兵庫県加古川総合庁舎内

■ネットから
いわて産直ネットストア「でんでんむし.com」から購入できます。

盛岡のネットスーパー「おでんせモール」から購入できます。

盛岡手づくり村が出店しています「楽天」から購入できます。

SAVE IWATEが出店しているアマゾンから購入できます。

■郵送
FAX.019-654-3524 または sviwate2012@gmail.com に 郵便番号、ご住所、お名前、電話番号、希望する冊数をお知らせ下さい。5冊以内のご注文の方にはゆうちょ銀行の振替用紙とともにメール便(日本全国100円~160円)でお送りします。(メール便は到着まで4日ほどかかります。宅急便を希望の方はその旨、お知らせ下さい) 6冊以上の方には送付方法について折り返しご連絡いたします。

問い合わせ先  TEL.080-5735-6940

※ カレンダー販売の収益は、SAVE IWATEが行う沿岸被災市町村支援のための活動資金とさせていただきます。また、収益の一部は、ふるさと岩手の芸能とくらし研究会が取り組んでいる 「岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に寄付させていただきます。

※特定商取引法に基づく表記は、「SAVE IWATEとは」をご覧下さい

紹介チラシはこちらです。三陸復興カレンダー紹介A4版チラシ ダウンロードしてお使いください

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

11月1日から発売しました三陸復興カレンダー5000部が20日を前に完売し、ご予約も頂いていたことから増刷となりました。
岩手日報をはじめとする各新聞の岩手県内版で紹介頂いたほか、15日の読売新聞全国版にも掲載されました。
また20日には日本テレビ系の昼のストレートニュースで取り上げて頂き、日本中の方から、ご予約とお問い合わせを頂きました。

電話で沢山の方とお話しして感じることは、ふるさと岩手を離れて暮らす方達の多くが片時も忘れることなく、被災地に思いを寄せて下さっているということです。
読売新聞に掲載された虎舞の小さな写真を切り抜いて壁に貼りましたという方もいました。お問い合わせの電話が涙ながらのお話しになることも度々です。
さらに、このような形で支援に繋がるならぜひ協力したいと申し出て下さる団体、個人の方も多くSAVE IWATEの活動を応援していますという有り難いお言葉も沢山頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カレンダーをご購入下さった横浜市の横山様からご感想をいただきました。ご了解を得てご紹介いたします。

カレンダーありがとうございました。
立派なカレンダーでした、サイズ、色共に部屋に飾るにはちょうど良いものです。
友達に差し上げましたが、祭りには大変興味を持ってくれましたので
来年の行事には一緒に参加したいと話がまとまったところです。
何年掛かるか分かりませんが、元気なうちに一つでも多くのお祭りに参加
していきたいなと考えています。
土の力、天の力、水の力など自然に感謝し崇拝する人々の心の叫びと
一体になりたいと思います。
寒さに向かっています、体に気をつけて皆様が元気で明日を切り開いていかれることを祈っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カレンダーのご注文はFAX019-654-3524とメールsviwate2012@gmail.comで頂いています。FAX、メールともご注文には返信をしていますので、返信がない場合、あるいは、待ってもカレンダーが届かない場合は、今一度お問い合わせ下さい
問い合わせ080-5735-6940

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。