東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

被災地からの言葉

沿岸の仮設住宅に住んでいらっしゃる方より、私どもにメールをいただきました。
その方は頻繁に盛岡にいらっしゃって、買い出しなどされているようです。
メールのやり取りをする中で、このようなお言葉をいただきました。

―――――
仮設では、底冷えのような、地面から来る寒さが厳しくなり始めています。
(実際、カーペットや畳を上げると、ただのベニヤ板だけでした。)
お年寄り達は、冬の心配をしています。

盛岡で普通に街中を歩いている人、楽しそうな家族連れなどを見ると幸せな気持ちになります。
一瞬でも同じ感覚を味わえるというか。

本当にありがたくて、食べ物さえ無い、あの状況を・・・生きていけるかどうかを救ってくれた、その気持ちはずっと残ると思います。
―――――

盛岡に来ると幸せな気持ちになれる、このお言葉には少なからず衝撃を受けました。

被災地で生活されている方からは、まだまだ不便や心労の声を多く聞きます。
私どもの配送スタッフの話では、沿岸から盛岡へ帰ってくる度、生活のギャップに心苦しくなるそうです。
実際に、仮設に住んでいる方の中には、気が滅入っていて、スタッフに強く当たる方もおられるのが現実です。
ですので私個人としては、恨み言のひとつでも言われて当然と思っていたのです。

日頃よりご協力いただいている全国各地の皆様に、ぜひこの感謝の言葉をお伝えしたいと思い、記事にいたしました。
皆様のご協力があってこそです。本当に本当にありがとうございます。

さらにこの方のお言葉をお借りしますと、
―――――
私達だけで復興していくのはまだ無理です。まだ支援が必要です。
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、これからもよろしくお願いします。
―――――

報道では徐々に復興する様子が取り上げられることが多くなってきましたが、これが本当のところなのではないでしょうか?
どうか息の長いご支援を、よろしくお願いいたします。

文責:佐藤

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。