東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

日別アーカイブ: 2011年9月30日

暖房器具各種 ぜひともご支援をお願いします!!

 支援物資のページにて、現在募集している物資としてストーブ電気毛布こたつなどの暖房機器を挙げておりますが、
 10月を迎え朝晩の冷え込みが厳しくなる今、まさに切迫してこれらの物資が必要とされております。

 被災した沿岸では、仮設住宅や公的借り上げ住宅にお住まいの方々に暖房器具を支給する自治体が多いのですが、
 自治体によって対応がまちまちで、冬を迎えるに当たって十分な備えがない場合も多いようです。
 ましてや内陸の市町村となると、避難者への暖房器具の支給予定が無いところもあります。
 このままでは多くの被災者が自ら暖房をそろえることになり、被災者の負担を増やすことになりかねません。

 また、灯油用ポリタンクのような付随的な物品も公的支給のない場合が多く、盲点となっています。
 これも支援が必要となります。

 暖房器具や関連物資の需要はきわめて多く、100個単位での支援が必要となります。
 個々の支援者様の広いご協力に加え、大口でご支援いただける団体様、企業様にもご協力をなにとぞお願い申し上げます。

文責:物資部 前田達明

 

追記。
 番屋リーダーの漆戸です。
 暖房器具ですが、新たに買い求めてご支援いただく場合、可能な限り石油ストーブをお願いしたく思います。
 理由としては…

1、暖房出力:電気ストーブでは最大1200wですが、石油ストーブなら2200w以上のものがほとんどです。
2、コスト:1200wの電気ストーブの場合、一時間あたり約30円のコストがかかります。石油(同等火力)なら、約11円ほど。
3、効率:反射式ストーブの上でお湯を沸かし就寝時の湯たんぽなど活用すれば、さらに効率よく活用できます。

といったものが挙げられます。
 北東北の冬は石油暖房無しで過ごすには厳しいです。
 ぜひ、あたたかいご支援、よろしくお願いいたします。

衣料品の受け入れ再開

事務局の鎌田です。

いつも変わらぬご支援、誠にありがとうございます。

倉庫容量の都合上、衣料品につきましてはしばらく募集を停止していましたが、少し様式を変更して募集を再開いたします。

今までは鉈屋町の旧番屋で全てお受けしていたところを・・・

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

  ■衣類・靴類など → 〒020-0023 岩手県盛岡市内丸3-46 もりおか復興支援センター2F

  ■日用品・食品・寝具・電化製品など → 〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町9-36 SAVE IWATE物資部

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

とさせて頂きます。ご理解の程お願いいたします。

→→→詳しくはこちら←←←

停止期間中にお問い合わせくださったご支援者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

これから迎える厳しい冬、生活用品の満足に揃わない仮住宅では大変な困難が予想されます。悲しいことに、既に岩手県内でも数名の自殺者が出てしまいました。

まだまだ皆さまからのご支援が必要です。

スタッフ一同、全国と被災地との橋渡しのために努力を惜しまない決意でおりますので、今後とも一層のご支援を切にお願いいたします。

文責:鎌田晴己

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。