東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

お手玉 *針山

 センターや番屋には、全国から、次々に温かいプレゼントが届いております。
 ▽お手玉
 どこの、どなたでしょうか。添えられた色紙には「みんなで少しずつ作っています」とありました。何かのグループか、お友達同士なのでしょうか。かわいいお手玉3個入りが。少女の頃に帰って、一人で遊ぶのも懐かしいし、周りにいる子どもたちと遊ぶきっかけになれば、なお楽しいでしょうね。色紙には「手の中でもむだけでもいいかな」とありました。

 

 

 

 

 

 

 ▽手づくりの針山
 雑巾を縫っていることを新聞で知ったという千葉市の78歳の女性から、メリンス風の生地で作った針山が。夫を病気で亡くし、一人暮らしをしているそうです。手縫いを楽しんで気を紛らわしている被災者の方々の思いに、ご自分を重ね、作ってくださったそうです。優しい色合いと柄に、プレゼントしてくださった方のお気持ちが、しのばれます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。