東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

センター通信

7月26日と8月3日の二度に分けて、盛岡市役所復興支援室の担当者と一緒に沿岸の自治体をまわってきました。各自治体の抱えている悩みや課題を改めて知ることができました。
私たちセンターの活動については、一様に「ありがたい」、「助かる」という声をいただき、改めて責任を痛感しています。陸前高田での「我々はまだ災害対応中であって、災害復興には至っていない」という言葉も重く残っています。

沿岸の自治体巡りをしている最中、大槌でのこと。交差点や道ばたで、住民が自衛隊を見送る光景に胸が熱くなりました(写真)。このような住民の自発的な行為がとても尊いものに感じられました。

もりおか復興支援センター,センター長:斎藤 純

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。