東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

配送者見聞録 2

本日のSAVE IWATEトラックは、宮古・大槌に向かい、宮古の仮設住宅にトマトのプランターを、大槌の小学校に扇風機をお届けしてきました。
その配送者のレポートを転載いたします。

―――――

『希望の花いわて』の活動で、滝沢のガーデン工藤ハウスさんが集めた花とトマトのプランターを宮古市・仮設住宅にお届けしました。

仮設での生活の中までは拝見しませんでしたが、様子としては何より『暑そう』でした。
ヨシズや簾のようなものを届けるだけでも、各入居者が自分の手で暑さ対策する手助けになると思います。
今後できるだけ仮設住宅に足を運ぼうと考えていますので、住環境の改善に何か役立つ提案等ありましたらどうぞご教授下さい。

プランターのトマトは、下ろしたそばから無くなる大人気でした。

仮設の方たちと少し話したのですが、
「役場に要望を出しても対応してくれない」
「仮設に入った今こそ支援がほしい」
「早く仮設に入れたのはいいが、不便な場所で建物も安普請。最近出来た所が街なかにあって建物も立派そうなのを見るとちょっと…」
という感情もあるようです。


釜石の高橋鮮魚店さんの仲立ちのもと、大槌北小学校に扇風機16台と棚類をお届けしました。
北小は、吉里吉里小・体育館内にパーティションで学年毎の仮教室を作って授業しています。
大変な暑さ。
扇風機は不可欠と感じましたが、全国的な品薄のようであまり届いておらず。
今回の配送には大変喜んで頂けました。

全国からご支援くださった皆様、本当にありがとうございます。

一方、陸中海岸青少年の家にも小学校が入っている話を聞きましたが、まだまだニーズは高まりそうです。
―――――

ここ数日、全国からたくさんの扇風機をご提供いただいております。
本当にありがとうございます。
皆様からいただいた物資は必ず、必要としている方にお届けいたします。
今後とも引き続き、皆様のご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

レポート:鎌田 文責:佐藤

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。