東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

番屋日報 7/7

番屋の前田です。
複数世帯分まとめてお受け取り
・釜石市、大槌町、山田町の自宅避難者    1件
・気仙沼市の自宅避難者 1件
・宮古市の自宅避難者 1件
・山田町の自宅避難者 1件

それぞれお受け取り           24件
====================
お受け取り分の合計:28件

被災者の声
・子供などの感染症を防ぐ手段が十分にない。

・避難所では板の間に毛布2枚だけの生活で寒かった。
・これから暑くなるので扇風機や肌布団などが必要です。
・今のところ、避難先で不便は無いですが、初めての所なのでこれから先はわかりません。
・仮設住宅の自治会役員になりましたので、皆と一緒に一歩ずつ前に進もうと思う。

明日の予定
全体
・10時開業予定。接客中心となる予定です。
大口入荷
・カセットコンロ、ボンベ多数の予定

以上です。
本日のボランティアスタッフは9名でした。ありがとうございます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。