東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

番屋日報 7/6

番屋リーダーの漆戸です。

番屋より配送
・小笠原便  宮古~大船渡
・横川便  山田町

複数世帯分まとめてお受け取り
・大槌町の自宅避難者    1件

それぞれお受け取り           29件
====================
合計:30件

被災者の声
・車、家、などのローンを返して、もう一度、手に入れたい。(2件)
・津波の直後、数日間は寒く食料もなく、トイレも困った。国の対応が遅い!
・アパートを借りたが手狭。家族がバラバラになってしまった。
・番屋の二階に冷たい飲み物が用意してあり、嬉しかった。

明日の予定
全体
・10時開業予定。接客中心となる予定です。
出荷
特になし。
大口入荷
・衣料品、夏物寝具類中心に段ボール44箱。(午前中に盛岡短大着予定)
・カセットコンロ、ボンベ多数。

以上です。
本日のボランティアスタッフは8名でした。ありがとうございます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。