東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

番屋日報 7/4

 番屋リーダーの漆戸です。

出荷分
・陸高の折り紙先生へ折り紙など。
・山田町の在宅避難者へ

お渡し分
・三陸町→盛岡  Tシャツ、下着、化粧品、タオル類、保温鍋、調味料、水、乾麺、食器、カセットコンロ、ボンベ、米、おもちゃ、他
・山田町船越  味噌、牛乳、ソース、皿、香炉、タッパー、鍋、洗い籠、ゼリー、CD、タオルケット、判子、ズボン、Tシャツ、下着、他
・山田→雫石  先行、蝋燭、傘、カッパ、トイレ洗剤、辞典、スプーン、茶、レトルト、ハンカチ、下着、ズボン、カーディガン、キャミソール、他
被災者の声
・@@町の避難所にいたが、一日に一度しか食事がなかった。
・仮設住宅からは車がないと買い物に行けない。移動販売車でも来てくれるといいのだが…
明日の予定
・東山の提供者宅へ衣装ケースと書棚を受け取りに行く。
 本日のボランティアスタッフは6名でした。ありがとうございます。
 18日から、番屋の内部整理日(念のため書きますが、休業ではなくてあくまで内部整理の業務日です)を月→火へ曜日変更
いたします。
 これは、近日オープンの農林中金と休みを重ねないため、加えて荷受けの際の混乱を防ぐためです。
 番屋内部には掲示を進めておりますが、みなさんからも随時、アピールをお願いいたします。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。