東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

番屋日報7/3

番屋担当國分です。こんにちは。

番屋より配送
 なし

複数世帯分まとめてお受け取り 7件
・釜石市 2件
・釜石市より盛岡市への避難者 2件
・大槌町より盛岡市への避難者 1件
・陸前高田市より花巻市への避難者 1件
・大槌町より紫波町への避難者 1件

それぞれお受け取り 42件
================
合計:49件

被災者の声(主なもの)

・番屋での品物の提供を続けてほしい。(4件)細く長く(うち1件)

本日のボランティアスタッフ
 総計12名でした。ありがとうございました。
 朝9時の開店時に4名でしたので、冷や汗をかきました。

明日の予定
・番屋は休業、整理日
 10時スタート。よろしくご参集ください。

・大口入荷予定
 みちのく流通センター かご台車1台+α程度
 都立白鴎中高PTA ダンボール20箱程度

・沿岸部等遠隔地への配送予定
 宮古市2件+大槌町1件+釜石市1件ほか 大久保、大畠 プラド

南米パラグアイの日系人より支援された大豆を、平川食品殿が豆腐にし、
各地へ提供されているうち、1箱(小ぶりのもの72丁)が毎日届いており、
好評です。

本日付の『盛岡タイムス』に番屋が紹介され、早速物資提供と物資を取りに行きたい
との問い合わせが数件ありました。

以上です。
 
添付ファイル
 
 

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。