東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

まごころキッチン陸前高田

調理の様子 配達車両

陸前高田市の避難所で生活している方々への食事支援を始めました。避難所の食事ではどうしても栄養バランスが崩れがちです。肉、魚、野菜などを使ったおかずを1品作って1人分ずつ容器に入れて避難所に届けています。

避難所の方々からはたいへん喜ばれているようです。煮魚を届けた時は、震災後初めて食べましたと言われたとのことです。海辺で育ったみなさんですから、やっぱり魚が食べたいのでしょう。

届けている先は、昼食はすべての避難所に対して3日に1回の割合、夕食は長部小学校と米崎小学校に毎日です。昼食と夕食それぞれ150~200食です。長部小と米崎小以外の避難所は、行政が夕食にお弁当を配達していますので、そこは役割分担することにしたものです。

調理場所は陸前高田ドライビングスクールの厨房をお借りし、地元の調理師の方々に調理をお願いしています。

メニューについては、ホテルロイヤル盛岡にお勤めしています洋食の料理長齊藤和也さんにお手伝いをいただいています。齊藤さんは直接現地に行って調理の助言をして下さっています。

食事の配達は地元の方にお願いしているほか、遠野のNPO法人山里暮らしネットワークの方々にも協力いただいています。配達に使うトラックは、静岡のロータリークラブから無償提供いただいたものです。

この活動の資金は、BAJ(ブリッジエーシアジャパン)を通してジャパンプラットフォームから支援いただいています。本当に多くの方々の協力があって初めてこの活動が成り立っています。ご協力いただきましたみなさん、ありがとうございました。

寺井良夫

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。