東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

「世界のボードゲームであそぼ!」

SAVE IWATE では、避難所でひととき楽しんでいただけるような催し物を、外部の方のご協力をいただきながらスタッフ有志によって開催しています。
折り紙教室、星空教室、そして先日は盛岡ボードゲームクラブさんのご協力による2回目のボードゲーム遊びがつなぎ温泉愛真館で行われました。

**********

5月29日に愛真館で実施したゲーム会について報告します。
避難している子どもたちの数が減っていたこともあり、当日の参加者は、子ども3名、高齢者10名くらいでした。今回は、盛岡ボードゲームクラブからスタッフ8名という万全の体制でした。

着くなり、前回参加した子どもが、「あっ、おばちゃん!ゲームやっていいの!!」とかけよってきて、準備している横でさっそく遊び始めました。
高齢者の方も、集まり、参加された方は、「いやぁ、おもしろかった。」と満足そうな表情でした。
印象的だったのは、3歳の男の子が、お昼寝の時間になっても帰ろうとせず、ずーっと遊んでいました。

避難している子どもが少なくなった、ということもあり、愛真館での次回の開催は決めずに来ました。
もし、他の避難所で、子どもが多いところがあればそちらに出向きたいと思います。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。