東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

岩手女子高等学校(盛岡)から釜石保育園へ

現在、SAVE IWATEでは釜石地区を中心に保育所関連の支援を行っています。
以前はかがの保育園から釜石地区にいる園児達に向けて、こいのぼりのプレゼント等を配達させていただきました。

今回は岩手女子高等学校の先生方、生徒のみなさんのご協力のもと、釜石保育園の園児達へ手作りのバッグを配達させていただきました。

内陸から沿岸へ。

そのつながりを大切にしつつ、またこれからも新しいつながりをつくっていきましょう。

最後にプレゼントを受け取って嬉しそうな園児達の笑顔をご覧ください。

今後は他団体のご協力のもと、活動を行っていきます。
岩手女子高等学校の角掛先生、工藤先生、田中先生そして生徒のみなさま、ご協力本当にありがとうございました。

西田将博

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。