東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

敷き布団、枕

大槌町の避難所に足利、東京からの方々と一緒に支援物資をとどけにいきました。持っていったのは、敷き布団に掛け布団。敷き布団は10枚ちょっとあったのですが、欲しいという人があっという間に列を作り、結局、抽選することになりました。少なくて申し訳なかったです。やはり日本人ですから、毛布を何枚か重ねて敷き布団がわりにしてもダメで、あつい綿の敷き布団がいいのでしょう。次は人数分を用意します。ちなみに掛け布団は足りているということでした。近くの別の避難所で話を聞いてもやはり敷き布団が欲しいということでした。そこでは寝る場所が狭くて、1枚の布団のスペースに二人で寝ているということでした。
それから何が欲しいかたずねたところ、枕が欲しいという答えが真っ先に返ってきました。慣れない枕だと眠れないという人は多いはず。避難所では座布団を丸めて枕にしているということですが、さぞかし寝苦しいことでしょう。籾殻を入れた枕とかであれば簡単に作れそうですが。寺井良夫

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。