東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

薪ストーブありがとうございました

さる4/24、埼玉県飯能市からいらした商工会議所とあさみ鉄工のみなさんが、被災地を回って薪ストーブ計13台を届けて下さいました。避難所となっている場所のグラウンドなどでたき火をしているところがいくつもありますが、そうしたところで活躍してもらえるストーブです。

被災地には壊れた建物の木材が大量にあります。これらを燃やして暖をとったり煮炊きをしたりすることもできます。瓦礫を片付けることにも役立ちますので、まさに一石三鳥です。

このストーブは太い木でも、生の丸太でも簡単に燃やせるそうです。その秘密はストーブの形にあり、灰をうまく利用しているということでした。囲炉裏には灰がたくさんありますが、この灰があることで囲炉裏にくべた木は燃えやすいのだそうです。その原理を応用したストーブだとか。寺井良夫

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。