東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

春の訪れ

 

連休を迎え、被災地では49日の法要が営まれたところも多かったようです。
お寺やお墓が無くなった所、法要に行くための喪服のない人。履く靴のない人。
もう49日と思う人もいれば、まだ49日と思う人もいることでしょう。
親しい人を失った方々に心からお悔やみを申し上げると共に、亡くなられた方々に、
心から追悼の意を表します。

震災直後、亡くなられた方々に手向けるお花さえないことに、愕然としました。
しかし、明日から5月。被災地に向かう道沿いの山々は日ごとに緑を増しています。
そして、桜や梅、こぶし、木蓮が咲き始めました。 やっと三陸にも春が訪れたようです。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。