東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

かがの保育園(盛岡)から第一幼稚園へ

以前、盛岡のかがの保育園の皆様が作って下さったプレゼントを釜石の小川幼稚園にお届けしました。

今回は、その時、かがの保育園からお預かりしていた、鯉のぼりのプレゼントを、釜石の第一幼稚園にお届けしました。「入園式の良いプレゼントになります」と先生達がとても喜んで下さいました。手から手にお渡しする贈り物、お役にたつことが出来て良かったです。

この日は他に小川幼稚園(津波で被災をした鵜住居幼稚園と釜石すくすく親子教室も同園舎内で現在保育をしています)と、釜石保育園を訪問し玩具や学用品をお届けしました。

玩具とひとことでいっても、こどもの年齢や遊ぶ環境によって、適切なものが変わってきます。今回はお持ちした玩具、教材の中から、先生達に本当に必要なものを、選んでいただくことが出来ました。

市役所やユニセフからひととおりの教材は届いているようですが、お話しを聞くと遊具や事務用品など、まだまだ不足していることが分かりました。これからも、子供達が元気で明るく過ごせるよう、皆様への支援の形を考えていきたいと思います。

                                   報告 澤里 麻衣子

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。