東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

シャルル・マルタ君からの、応援メッセージ

2004年12月のインド洋・スマトラ沖大地震・津波の際、当時岩手大学に在籍していた留学生たちが盛岡で 募金活動を行ない義援金を原資として「岩手・アチェ奨学金」を作り、最も被害のひどかったスマトラ島の アチェ地方の子どもたちに援助を行ないました。シャルル・マルタ君は、この活動にインドネシア側から関わりました。岩手大学の恩師 岡崎先生にメッセージが届きましたのでご紹介します。

Syahrur Marta より
いつもお世話になりました。
お元気でしょうか。
メールをありがとうございました。返事は遅れて申し訳ございません。
さて、このたびの東北地方の地震と大津波にあたって、うちの学生は様々な活動を行うことを報告いたします。
プジョさんからお聞きになったかもしれませんが、募金活動や応援メッセージ作成などしました。
その活動の写真や動画はこちらのメールに添付します。応援メッセージの動画リンクは http://www.youtube.com/watch?v=XOwQKKuyKMg です。
よろしかったらどうぞごらんになってください。
私たちの応援や気持ちが被害を受けた岩手県の方々に届くように期待しています。では、ご活躍をお祈りいたします。

                      シャルル マルタ

2005~08年岩手大学大学院に在籍したシャルル・マルタさん(インドネシア)からの、応援メッセージでした。彼の現在の勤務先は、インドネシア・スラバヤのアイランガ大学・日本文化学科です。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。