東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

篠田君の見た震災

4月7日、物資搬送とヒアリングのため、山田町に出かけたボランティアカメラマン、篠田君が写真を撮って来てくれました。震災から1か月を向かえようとする、被災地の映像です。

  

前日、思いがけない車のトラブルがありました。それを助けて下さった山田町出身のKさん、Sさんのご厚意で、SAVE IWATEのメンバー三人は無事物資搬送を終え、避難所のヒヤリングを終えることができました。

出会いは一見偶然のように見えますが、どの出会いも必然だと思えることがあります。この度の震災後、私たちは色々な出会いを経験しました。 静岡から岩手にやってきた篠田君が、Kさんと出会いSさんと出会い、山田町を案内していただいたことは偶然ではありません、必然です。横井先生の車が故障したのも、、、

ここに改めてKさん、Sさんにお礼を申し上げます。5枚目の写真、三菱モータースはKさんの職場だった所。整備中の車も、新車も、Kさんの車も、そして営業所もすべて流されてしまったそうです。それなのに、国道106号線で車が故障し、困っている3人を盛岡の修理工場経由で番屋まで送り届けてくれたばかりか、翌日、物資搬送と案内をかって出ていただきました。お二人のご恩に感謝するとともに、一段と心を引きしめて、SAVE IWATEの活動をしていきたいと思います。ご報告が遅くなりましたことも重ねて詫び申し上げます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。