東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

私たちにできること


2011.2.13 リアスホールの窓から見た、穏やかな大船渡の風景

初めて被災地に立った人の多くは、言葉を無くします。あまりにも甚大な被害に圧倒され、人間の無力感を思います。

しかし、震災後も海は、以前の海と全く同じです。穏やかに朝日に輝き、夕闇に消えていきます。波の音も以前のまま。100年前と同じ音です。

SAVE IWATE のトラック、スタッフは片道約2時間をかけて頻繁に沿岸を往復しています。10トントラック、2トントラック、1.5トントラックが要望に応えて、物資を運んでいます。そのトラックに乗せる物資の仕分けを、いつも丁寧にしてくれるボランティアが沢山います。さらに緊急支援から、復興支援に移ることを想定して、ボランティアが寝泊まりできるキャンプ村の用地を探す人、心と体のケアを提供する人、震災の調査をしつつ復興計画への提案を準備する人など、SAVE IWATE のボランティアは活発に動いています。
現在、大船渡のリアスホールでは、さんさんの会が中心になって、約1500人の被災者に食事を届けています。SAVE  IWATE では調理係のボランティアを募り、さんさんの会の要望にあわせた食品を供給をするとともに、今回 調理に必要な60センチの寸胴鍋を7個提供しました。また配達する時、衛生面に配慮するための容器として紙コップ5万個を活動支援金から届けました。

被災地があまりにも広範囲なため、SAVE IWATEにできる支援はまだまだ微力ですが、これからも一人でも多くの人の復興に役立ちたいと思います。今後とも皆様からのご助言をよろしくお願いいたします。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。