東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

「We Love いわて SAVE IWATE フェア」を開催

4月9日、10日 銀座にある岩手県のアンテナショップ、銀河プラザでフェアが開催されました。同行したスタッフから、報告が届きましたのでご紹介します。

**********

2日間での来場者は、銀河プラザの過去最高ではないかという位の大盛況でした。

今回は 東家、肉のふがね、マルヨシ水産、S-FARM、佐々恵農園、山地酪農牛乳の協力の元、SAVE IWATE共催という形で実施しました。また首都圏に在住している岩手県出身の方や、盛岡の皆様が知人に声をかけてくださり、両日10名近くで募金活動をしました。9日にはNHK国際部、NHK、TBS、テレビ岩手などがフェアの様子を取材していきました

今回お手伝いしていただいたTさんからメールをいただきましたのでご紹介します。

「土曜の3時間あまり募金活動をお手伝いさせてもらったTです。
このような活動に参加した経験も無く、何かできればと思い参加しました。
お金はいろいろな方法で集めることができますが、応援の声は街頭に立たない
と分からないなと感じました。
強面のおっさん二人組はタバコ銭の残り、銀座が似合うマダムのピン札、佐川
急便のドライバーの百円、、、、、。
それぞれの「がんばってください」には本当に応援の気持ちがありました。
少しジーンと感じることもありました。いい経験でした。
取り急ぎ、お礼まで。」

千葉県から募金活動をお手伝いいただいたYさんのお子さん達は2日間大きな声で頑張ってくれました。募金活動だけでなく、食材の販売もお手伝いして頂き、販売、募金活動が一体となって取り組めた事は今後にプラスとなると思います。

本当に多くの方々に岩手のものを購入、募金もして頂き、今、岩手はピンチですがより絆を深めるチャンスでもあるなと実感してまいりました。

ご購入、募金頂いた方々ありがとうございます。皆さんの思いを活動に繋げていきたいと思います。                        報告 SAVE  IWATEスタッフ 北田耕嗣

追伸   沢山の皆様に募金をしていただき、募金箱が壊れて、最後は箱にガムテープを巻いたそうです。明日、銀行に入金して、募金額をご報告いたします。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。