東日本大震災 被災地支援チーム SAVE IWATE

2011年3月11日(金)14時46分頃、東日本大震災が発生しました。岩手県の三陸沿岸地域は甚大な被害を受けました。この災害に対し、民間レベルでできる支援活動に取り組みたいと考え、県内在住有志で「SAVE IWATE」を立ち上げました。

SAVE IWATE ワークショップ

本日(4/10)10時からSAVE IWATE のワークショップが開催されました。会場の盛岡市中央公民館、大会議室は、節電のために暖房がなく寒いなか、各班ごとに熱心な討議が行われました。

参加者60名近くが「復興計画」「体制構築と支援団体連携推進」「チャリティ事業」「ボランティア受け入れ」「心と体のケア」「炊き出し」「記録広報」等の班ごとに、中、長期にわたる計画を考えました。

午前中の自由討議の後、午後3時には話し合いをまとめて、各班が発表、具体的にプロジェクトを作り、明日から動き始める班もあります。今回のワークショップは急だったこと、停電によりFAXが使えなかったことなどボランティア全員が集まるには至りませんでした。また、番屋に取材が入り、実際現場で働いている人たちが集まれなかったのですが、どの活動も、ボランティア全員で取り組むことに変わりはありません。各班から提案、呼びかけがありましたら、随時加わって頂いて、有意義な活動をしていきたいと思います。

東京、銀河プラザで岩手の食材を販売、募金活動をしたチームが、3台のトラックで盛岡に向けて走っている頃です。フェアのご報告をお楽しみに。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。